インド北部 定員2倍以上乗車 バス転落で48人死亡

07/02 06:04 更新

 定員の2倍以上を乗せたバスが谷に転落して48人が死亡しました。  インド北部のウッタラカンド州で1日、バスが200メートル以上の深い谷に転落し、少なくとも48人が死亡、数十人がけがをしました。このうち7人は重体です。バスの座席数は28でしたが、倍以上の約60人が乗っていて、すし詰め状態だったということです。事故の原因は分かっていませんが、地元警察は定員オーバーと悪天候の影響でバスがスリップしたとみて調べを進めています。州の首相は、事故があった地域では定員オーバーが常態化していたと話しています。