「中国との冷戦望まず」米中外交安保対話で国務長官

11/10 11:47 更新

 貿易摩擦などで対立が深刻化するアメリカと中国の外交と安全保障に関する閣僚対話が行われ、ポンペオ国務長官は「中国との冷戦を求めてはいない」と述べました。  アメリカ、ポンぺオ国務長官:「米国は中国に対して冷戦や封じ込め政策を取ろうとしているわけではない。むしろ、両国の安全と繁栄のために責任を持って公平に振る舞ってほしい」  ワシントンで開かれた会合にはポンペオ長官、マティス国防長官が、中国からは外交トップの楊潔チ政治局委員、そして、魏鳳和国防相が出席しました。ポンペオ長官は、南シナ海の軍事拠点化や台湾問題で他国に圧力を掛ける中国の手法に懸念を示しました。これに対して楊氏は「中国の主権を尊重することを期待する」と反論し、「貿易戦争は両国や世界経済を傷付けるだけで終わる」と強調しました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018