罷免すべき重大な違反あった…裁判官全員一致の判断

03/10 11:57 更新

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領について憲法裁判所は10日午前、弾劾(だんがい)が妥当とする決定を言い渡しました。韓国史上、初めて大統領が罷免(ひめん)されました。ソウルから報告です。  (高橋政光記者報告)  衝撃の決定から30分ほど経ちましたが、憲法裁判所周辺はいまだに騒然とした雰囲気です。弾劾に反対する人たちが決定の瞬間、大きな怒りの声を上げました。それを受けて警官隊がさらに導入され、警戒を強めている状況です。韓国の憲法裁判所は裁判官8人全員一致で、朴大統領が国政介入事件などで罷免するだけの重大な違反があったと判断しました。この理由のなかで、すべての権力は国民から出る、すべての国民は法のもとに平等であるという判決だ。勝利者も敗者もいないとしています。この結論ですが、毎週、ろうそく集会を続けてきた韓国の国民の意向に沿った形の判決内容といえます。