サイクリング中に… 台湾で日本人男性が落石で重体

09/10 06:23 更新

 台湾でサイクリングをしていた日本人の男性に落ちてきた石が直撃して、男性は意識不明の重体です。  9日午後、台湾東部の花蓮県で落石があり、3人が巻き込まれて病院に搬送されました。台湾メディアによりますと、3人のうち1人は30代の日本人男性で、頭を強く打って意識不明の重体だということです。男性はサイクリング中だったとみられ、目撃者の話では、突然、斜面から大きな石が落ちてきて男性に当たったということです。現場周辺は台湾で有名な景勝地ですが、落石事故が頻繁に起きています。