ノートパソコンも?米行き国際線 搭乗前検査強化へ

06/29 10:30 更新

 アメリカのトランプ政権がテロ対策のため、各国の空港などにアメリカ行きのすべての国際線で搭乗前の検査を強化するよう要求する方針を明らかにしました。  国土安全保障省・ケリー長官:「テロ対策の第一歩として、米国に向かう全国際線で新たな安全対策の適応求める」  アメリカのケリー長官は飛行機での爆破テロなどの対策として、乗客や手荷物の搭乗前の保安検査を厳しくする方針を明らかにしました。これまで検討されていたノート型パソコンの機内持ち込みの禁止は見送られました。一方で、先端技術を用いた検査機器の導入などトランプ政権が求める対応を空港や航空会社が取らなければ、パソコンなどの客室への持ち込みが禁止になる可能性もあるということです。105カ国の空港が対象で、一日に平均2100便、乗客約32万5000人に影響するということです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017