経済活動で「人民軍の気概を…」 金委員長が演説

02/09 11:49 更新

 北朝鮮の金正恩委員長は軍創建71年を迎えた8日、軍の関連施設で演説しました。核やミサイルには触れず、米朝首脳会談を考慮したとみられます。  9日付の労働新聞は、金委員長の演説や軍幹部との記念撮影を大きく報じました。金委員長は「国家経済発展5カ年戦略の要の年の今年、社会主義強国建設の現場で人民軍の気概を発揮すべきだ」と述べ、軍も経済活動に投入する考えを強調しました。今年は軍事パレードもなく、アメリカを刺激しないように配慮したとみられます。また、金委員長は李雪主(リ・ソルジュ)夫人とともに合唱団による祝賀公演を鑑賞しました。