スーダン大統領が辞任 軍によるクーデターで

04/12 00:05 更新

 数カ月にわたって反政府デモが続いていたアフリカのスーダンで軍によるクーデターが発生し、30年にわたって強権支配を続けてきた大統領が辞任しました。  ロイター通信によりますと、11日にスーダンで30年にわたって独裁政権を築いてきたバシル大統領が辞任しました。首都ハルツームでは大統領の退陣を喜ぶ数万人の市民らが行進しています。スーダンでは去年12月から物価高騰を発端とした反政府デモが続いていました。今回、同調する軍がクーデターを起こして大統領の退陣につながりました。軍の発表によりますと、バシル大統領は逮捕されて安全な場所に拘束されているということです。バシル大統領は2003年から続くダルフール紛争で戦争犯罪や大量虐殺に関与したとして、国際刑事裁判所から逮捕状が出されていました。