【報ステ】『ウィキリークス』アサンジ容疑者逮捕

04/11 23:30 更新

 内部告発サイト『ウィキリークス』の創設者ジュリアン・アサンジ容疑者(47)が、保護されていたロンドンのエクアドル大使館で警察に逮捕された。アサンジ容疑者は、スウェーデンで起こした性的暴行の疑いで、2010年にイギリスで逮捕されている。しかし、保釈中にエクアドル大使館に逃げ込み、約7年にわたって籠城(ろうじょう)を続けていた。逃げ込んだ理由は、公電暴露の責任を追及しているアメリカに移送されるのを恐れてのこと。これまでかばってきていたエクアドル大使館が、今回、取った措置は、館内にイギリス当局者を招き入れて逮捕させるという異例のものだった。今回の逮捕は「保釈中に裁判所へ出頭しなかったから」だが、イギリス警察は「アメリカ当局から引き渡し要請があったから」とも説明している。近年アサンジ容疑者との関係を強めていたロシア大統領府は「人権の順守を臨む」とコメントしている。一方、アメリカ司法省は10日、アサンジ容疑者を訴追したと発表した。アメリカ司法省によると、アサンジ容疑者は、アメリカの政府のコンピューターネットワークに侵入した疑いが持たれているという。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2019