“会社のイベント”実はゴーン氏の誕生パーティー?

02/09 09:36 更新

 日産とルノーの統括会社が2014年に行ったイベントが、実は日産の前会長、カルロス・ゴーン被告の誕生日パーティーだった疑いがあるとフランスメディアが報じました。  経済紙「レゼコー」によりますと、日産とルノーの統括会社は2014年にフランスのベルサイユ宮殿で豪華な設立15周年のパーティーを開催しました。しかし、当日はゴーン被告の60歳の誕生日で、出席者約200人の多くはゴーン被告の個人的な知り合いでした。費用は当時のレートで8400万円ほどで統括会社が負担したということですが、統括会社の関係者は数えるほどしかいなかったということです。