トランプ氏の“国境の壁” 試作品は9メートルに

10/05 18:44 更新

 トランプ大統領の目玉政策が始動しました。  メキシコのティファナと国境を接する町、アメリカのサンディエゴで、トランプ大統領の目玉政策である「国境の壁」の試作品の工事が始まりました。コンクリート製で、高さと幅はそれぞれ9メートル。トランプ政権が選んだ4つの会社が先月末から8枚の壁を建てています。今月末には完成する予定です。この国境の壁の建設費用について、トランプ大統領は、壁ができた後にメキシコに返金させると公言していますが、議会には建設に必要な総工事費の1割にも満たない予算しか申請していません。