北朝鮮が弾道ミサイルを発射 韓国軍が発表

11/29 04:29 更新

 北朝鮮が29日未明、弾道ミサイルを発射したと韓国軍が発表しました。  韓国軍の合同参謀本部によりますと、日本時間の午前3時17分ごろ、北朝鮮が首都平壌の近郊、平安南道(ピョンアンナンドウ)平城(ピョンソン)の一帯から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射しました。ミサイルの種類など詳しい状況については韓国軍とアメリカ軍が分析中だとしています。また、アメリカ国防総省も「北朝鮮からのほとんど確実なミサイル発射を探知した。状況を見極めている」と発表しました。北朝鮮の弾道ミサイル発射は9月15日の「火星12」の発射以来で、約2カ月半ぶりです。