台湾でM6.0地震 ホテルなど複数の建物が倒壊

02/07 03:40 更新

 台湾東部を震源とするマグニチュード6.0の大きな地震がありました。複数のビルが倒壊するなどして、2人が死亡しています。  日本時間7日午前0時50分ごろ、台湾東部の花蓮市の沖18キロを震源とする地震がありました。台湾の中央気象局によりますと、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.0です。台湾当局によりますと、花蓮市内でホテルを含む7つのビルが倒壊、もしくは傾いていて、これまでに2人が死亡、114人がけがをしています。また、3人が崩れた建物に閉じ込められているということです。現地メディアは、ホテルに泊まっていた日本人30人が無事に脱出したと伝えています。花蓮では数日前から地震が頻発していました。