米ロ外相会談 シリア問題、平和的解決で一致

04/13 05:50 更新

 アメリカのティラーソン国務長官は、ロシアのプーチン大統領やラブロフ外相と会談し、シリア問題の平和的解決を目指すことで一致しました。  アメリカ、ティラーソン国務長官:「我々は徹底的に議論した。統一され、安定したシリアを目指すことで見解が一致した」  ロシア、ラブロフ外相:「テロとの戦いのため、米ロはシリア危機を政治的に解決することに共通の利益がある」  12日の外相会談では、両国の協力のため、アメリカ国務省とロシア外務省の職員が参加する新たな会議を設置することで合意しました。ティラーソン長官は、直後にプーチン大統領とも会談し、過激派組織「イスラム国」対策での協力について意見を交わしました。ただ、化学兵器の使用疑惑を巡ってはアサド政権軍の仕業と断定したティラーソン長官に対し、ロシア側は証拠が乏しいと主張して、議論は平行線をたどりました。