北がSLBM発射実験を準備か 米研究グループが指摘

08/12 11:48 更新

 北朝鮮では、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射実験の準備が進められている可能性があるという分析をアメリカの研究グループが明らかにしました。  アメリカの北朝鮮研究グループ「38ノース」は、北朝鮮東部の新浦(シンポ)にある造船所を7日に撮影した画像を公開しました。画像では、ミサイル実験に使われる潜水艦の一部が網や防水シートで覆われ、その下で行われている作業の様子が分からなくなっています。同じ状況は去年5月ごろにも確認されていて、数カ月後にミサイルの発射実験が行われました。研究チームは「潜水艦の発射システムの修正などをしたうえで、海上での発射実験を準備している可能性がある」と分析しています。