カタルーニャ独立巡る“投票阻止”に大規模デモ

10/04 05:55 更新

 独立を巡る住民投票で混乱が続くスペインのカタルーニャ自治州では、中央政府の対応に不満を持つ市民ら約30万人が参加して抗議デモを行いました。  カタルーニャ自治州では独立の是非を問う住民投票が1日に行われましたが、投票を阻止しようとする警官隊と市民らが激しく衝突し、900人近くが負傷しました。州の各地では中央政府が行った実力行使に抗議するためストが実施され、バルセロナのデモには約30万人が集まりました。住民投票で9割を超える賛成票を得た州政府は、近く独立を宣言する方針ですが、中央政府は投票の有効性を認めておらず混乱は続きそうです。