排水溝に3歳児…救出中に見せた笑顔で緊張解ける

04/10 18:57 更新

 プールの排水溝に挟まって動けなくなっていたのは、わずか3歳の男の子たった。  アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ。ハンマーで金属の棒をたたき続ける消防隊員。実は、3歳の男の子が誤ってプールの排水溝に挟まって動けなくなってしまったのだ。排水溝の穴を広げるため懸命な救助活動を続ける消防隊員たち。突然、男の子の泣き叫ぶ声が…。  それでも隊員は臆することなく黙々とハンマーをたたき続ける。そして、父親が男の子に寄り添い話し掛けると、なんと父親と無邪気に遊び始めたではないか。さらに手を振り元気さをアピール。そして、すっかり日が落ちて辺りが暗くなってきたころ、ついに男の子を無事救出。周りからは拍手と歓声が上がった。約1時間にも及んだ救出劇。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2019