【報ステ】COP24「地球は危機的な状況」

12/04 23:30 更新

 地球温暖化の対策を協議する国連の会議『COP24』がポーランドで開幕した。国連のグテーレス事務総長は「地球は危機的な状況だ」と警告。二酸化炭素排出量が4年ぶりに増加したことも示した。また、会議ではカリフォルニア州の知事だったアーノルド・シュワルツェネッガーさんが飛び入りで登壇し、トランプ政権が『パリ協定』の離脱を表明した後もアメリカの州や企業は対策を続けていることを紹介した。