大気汚染が過去最悪のタイ 政府の対応を批判する声

02/02 07:07 更新

 大気汚染が過去最悪のレベルになっているタイで、状況が改善されないことから、市民からは政府の対応を批判する声が上がっています。  タイ南部の中学校が、「PM2.5」という題名の歌を作って動画投稿サイトに公開するなど、バンコクの大気汚染は国全体の関心事になっています。タイ政府は、1日までにバンコクを走る公共バス201台の排気ガスの量を測定しました。その結果、すべてのバスが基準値以下で問題はなかったと発表しました。ただ、街中で大量の排気ガスを出しながら走るバスを目にすることから、市民は「基準が甘すぎる」と批判しています。