【福岡】東区で不審火 ビニール傘が燃える

06/21 23:53 更新

21日夕方福岡市東区のアパートで、ビニール傘が燃える不審火がありました。周辺では6月に入り、放火とみられる連続不審火が相次ぎ警察が関連を調べています。警察によりますと、21日午後5時ごろ福岡市東区筥松にあるアパートの管理会社から「傘が燃やされている」と警察に通報がありました。警察官が駆けつけると、アパート2階の通路でビニール傘が焼け、壁などが焦げていました。けが人はいません。通報の約1時間前に弁当の配達に来た人が燃え尽きて骨組みだけになった傘を見つけて管理会社に連絡があったということです。周辺の東区箱崎や博多区吉塚では、6月に入って連続放火とみられる不審火が相次いでいて、警察が関連を調べています。