【福岡】教育・保育環境充実の福岡市2月補正予算案

02/19 15:07 更新

福岡市の2月定例議会が19日に開会し、今年度の補正予算案など29の議案が提出されました。補正予算案では一般会計で前年度の繰越金などから約171億円を増額し、教育・保育環境の充実をはかります。内訳としてはトイレの洋式化やエアコンの整備など小・中学校や特別支援学校の校舎整備事業で約19億円増額するほか、保育士の処遇改善のための費用に約16億円増額します。また2021年に福岡市で開かれる世界水泳のための積立金として15億円を増額しました。来月28日まで開かれる本会議ではこのほかに、保育所整備など出産・子育てに力を入れた来年度の予算案も提出される予定です。