【福岡】嘉麻の産廃処理場 鎮火せず

05/29 13:07 更新

嘉麻市の産業廃棄物処理場で28日、火災が発生しました。一夜明けた今も火は消し止められず、消火活動が続いています。警察や消防によりますと、28日午後2時すぎ、嘉麻市大隈の産業廃棄物処理場で、敷地内に置かれていた紙くずや木材から火が出ました。消防が28日から消防車やヘリを出動させ消火にあたりましたが、一夜明けた今も鎮火にいたっていません。産業廃棄物処理場は休業中で敷地内に人はおらず、けが人は今のところ確認されていないということです。処理場の周りには住宅はなく消防は周囲の山林に大きく延焼する可能性は低いとみています。