【福岡】子どもたちの農業体験

01/22 18:37 更新

子どもたちに農業の楽しさを知ってもらおうと福岡県糸島市で野菜の収穫などを体験する催しが開かれました。この取り組みは子どもたちに農業の面白さや食の大切さを伝えようと農作物の生産が盛んな福岡市西区と九州大学が連携して12年前から行っています。小学4年生から6年生、13人が参加し、「卵を触るのと同じような感覚でトマトを収穫してください」と、農家からコツを教わって収穫に取り掛かりました。「チョキって切って自分で収穫できるところが楽しい」「ヘタの奥まできちんととるのが難しいです」と感想を話していました。子どもたちは自分が手がけたトマトとキャベツをパクパク食べて美味しさに満足している様子でした。