【佐賀】市営バス運転手が傷害容疑で逮捕

04/22 13:53 更新

22日未明、佐賀市の嘱託職員の男が、市内の飲食街で女性を殴りけがをさせたとして現行犯逮捕されました。傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、佐賀市営バス運転手の古賀邦広容疑者(67)です。警察によりますと古賀容疑者は、午前2時10分ごろ、佐賀市中央本町の路上で30代の女性の顔面をこぶしで殴り、口の中を切るけがをさせた疑いがもたれています。古賀容疑者と被害女性に面識はなく、女性がタクシーに乗ろうとした際に「通行の邪魔になる」などとして口論になったということです。古賀容疑者は佐賀市交通局の非常勤特別職として採用された嘱託職員でした。今回の逮捕を受け交通局は「市民サービスに努めなければならない職員が起こしたことは痛恨の極み。処分は事件の全容が判明後に決定します」とコメントしています。