去年より2度低く 福岡で最も早い海開き

06/18 21:15 更新

福岡市西区の能古島キャンプ村海水浴場で18日、福岡県で最も早い海開きが行われました。午前11時から行われた海開きでは、まず安全や無事故を祈願する神事が行われました。あいにくの曇り空でしたが、地元・能古保育園の園児ら18人が元気に海へ駆け込み「初泳ぎ」を楽しみました。海に入った園児は「思ったよりも温かかった」「水をちゃぷちゃぷするのが楽しかった」と話していました。18日の海開きは福岡県内では一番早く、午前11時の水温は20度と去年に比べ、2度ほど低い水温となりました。子どもたちは互いに水を掛け合ったり、ブランコやトランポリンをするなど1年ぶりの海を楽しんでいました。