【福岡】九州豪雨 行方不明者捜索と漁船でゴミ回収

07/23 19:07 更新

九州豪雨による行方不明者の捜索は、23日も続けられています。また、有明海に流れ出たゴミなどの回収を漁業者が行いました。福岡県朝倉市では、筑後川や支流を中心に、自衛隊など約2100人態勢で捜索が行われていますが、合わせて6人の行方が判っていません。朝倉市は23日、週明け以降、重機を中心とする捜索に切り替えていく方針を示しました。また、有明海に流れ出した木やごみなどの回収作業が行われました。福岡県大牟田市から佐賀県小城市にかけての沖合に漁船320隻、漁業者1200人あまりが出て、冬のノリ養殖への影響を食い止めるのが狙いです。帯状に集まっている流木やごみを、網ですくって漁船に集め、清掃船に積み込んでいました。