【福岡】嘉麻市で陥没市道に車が転落 2人けが

09/19 20:03 更新

嘉麻市で長さ20mにわたって陥没した道路に車が転落して、車に乗っていた2人がけがをしました。本来は嘉麻市が通行止めにすべき道路でした。警察によりますと、19日午前11時半すぎ嘉麻市桑野の市道で、車を運転していた女性から「道路が陥没していた所に落ち込んだ」と110番通報がありました。道路は長さ20m・幅4m・深さ4〜5mにわたって陥没していて、道路脇の法面も崩れています。車には77歳と83歳の夫婦が乗っていて、胸や鎖骨を骨折するなどの重傷で病院に搬送されましたが、命に別状はありません。嘉麻市によりますと、この箇所では7月の西日本豪雨の際に市が陥没を把握していて通行を規制していました。しかし2週間前の別の復旧工事の際に立ち入りを制限する目印などを撤去して、工事後に目印を元に戻しているかを確認していなかったと、嘉麻市が過失を認めています。