【福岡】”強盗傷害” 自称高校生を現行犯逮捕

05/29 11:52 更新

28日、福岡市のドラッグストアで万引きをしたあと女性警備員にけがをさせたとして糸島市の自称・男子高校生が逮捕されました。強盗傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは糸島市に住む16歳の自称・男子高校生です。警察によりますと、男子高校生は28日午後5時ごろ、福岡市西区の姪浜駅にあるドラッグストアで避妊具などおよそ2600円相当の商品を万引きし、万引きに気づいた女性警備員(39)の腕を掴んで、引き倒しけがをさせた疑いがもたれています。女性警備員は後頭部を打ちましたが軽傷です。逃げた男子高校生は駅近くにいた警察官に取り押さえられました。警察の調べに対し、男子高校生は「捕まりたくなかった」と容疑を認めています。