【鹿児島】桜島フェリー一日船長

07/16 19:04 更新

「海の日」の16日、鹿児島では、小学生が鹿児島市街地と桜島を結ぶフェリーの「一日船長」を務めました。桜島フェリーの「一日船長」を務めたのは桜島の小学校に通う2人の児童です。任命書とたすきを受け取ると船に乗り込む客を出迎え、あいさつをしました。船内放送に挑戦したあとは乗務員による船の操縦などの説明も興味深そうに聞いていました。「一日船長」を務めた鹿児島市・桜峰小6年の中村優大君は「貴重な経験ができてとても楽しかった」鹿児島市・桜洲小6年の大工園碧さんは「フェリーに乗って桜島や鹿児島に来てほしい」と感想を述べていました。