【福岡】ミャンマー戦没者慰霊巡拝団出発

11/14 00:46 更新

太平洋戦争当時、ミャンマーで戦没した福岡県出身者の遺族らが慰霊巡拝のため福岡を出発しました。戦没者慰霊巡拝事業は福岡県遺族連合会が36年前から年2回実施しています。遺族ら24人は8日間の日程でミャンマーを訪れ追悼式を行います。ミャンマーでは福岡県出身の軍人らおよそ1万5000人が亡くなったとされています。参加した遺族の平均年齢は70・7歳で高齢化が進んでいます。