【鹿児島】杉内俊哉投手が薩摩川内市を表敬

09/21 19:05 更新

地元、鹿児島実業高校出身でホークスでも活躍したジャイアンツの杉内俊哉投手が鹿児島を訪れました。杉内投手は21日、市役所を訪れ岩切秀雄市長に改めて引退を報告し背番号18番のユニフォームを贈って感謝しました。杉内投手は、2007年から毎年キャンプイン前の1月に薩摩川内市で自主トレを行っていて薩摩川内スポーツ大使も務めています。引退後については何も決まっていないということですが鹿児島に帰った時には何か協力できればと話していました。