【福岡】体罰など繰り返す 認可保育園に改善勧告

02/15 21:15 更新

福岡市は東区の認可保育園で体罰や暴言などが繰り返されていたとして改善勧告を行いました。福岡市が児童福祉法などに基づき改善勧告を行ったのは東区若宮の「あかつき保育園」を運営する社会福祉法人「北斗会」です。福岡市によりますと、2017年12月 保育士が園児に体罰を行っていると情報提供があり市は園に再発防止を指示していました。しかし、その後も同様の情報提供があり今年1月から特別指導監査を実施ていました。その結果、少なくとも8人の保育士が園児を押入れに閉じ込めるなどの体罰や暴言を行っていたことが新たに分かりました。福岡市は今後1年間抜き打ち訪問による確認を行うなど再発防止に取り組むとしていて、改善がみられない場合は業務停止などの対応も検討するということです。