【福岡】仮免許の女が「飲酒」で3台絡む事故

11/12 18:23 更新

酒を飲んで車の事故を起こし報告をしなかったとして20歳の女が逮捕されました。女は当時、仮免許で1人で運転していました。警察によりますと、11日午後4時半ごろ、福岡市で普通乗用車が信号待ちのタクシーに衝突し、3台が絡む玉突き事故が起きました。けが人はいませんでした。普通乗用車の女の吐いた息から基準値の2倍を超えるアルコールが検出され、事故の報告も怠ったとして福岡市の無職、山田こより容疑者(20)が逮捕されました。山田容疑者は仮免許で1人で運転していて、調べに対し、「報告の義務があることを知らなかった」と一部容疑を否認しています。このほかにも、福岡市の自称会社員、出口千鶴容疑者(34)が酒気帯び運転などの疑いで現行犯逮捕されました。一部容疑を否認しています。