【福岡】福岡市で交通事故防止キャンペーン

07/22 00:59 更新

子どもたちや高齢者の交通事故を防ごうと福岡市で街頭キャンペーンが行われました。街頭キャンペーンには交通安全協会の新キャラクター、信号機から生まれた妖精、「しぐまる」が登場。デザインを手がけた2020年東京オリンピック・パラリンピックの公式マスコットのデザイナーで福岡出身の谷口亮さんが紹介しました。福岡県警によりますと、歩行中の死者のおよそ8割は道路を横断中ということで、キャンペーンではバーチャルリアリティを使ったシミュレーター体験も行われました。福岡県警では夏休みに入って子どもの交通事故が増えないよう啓発に努めています。