【福岡】列車事故で死亡の男性 ひき逃げに関与か

09/18 09:10 更新

16日夜、福岡県苅田町で発生したひき逃げ事件の直後に、近くの線路で男性が列車にはねられ死亡した事故で、死亡した男性は、ひき逃げした車の所有者であることがわかりました。警察によりますと、16日午後7時40分ごろ、京都郡苅田町のJR日豊線で、下関市に住むアルバイトの25歳の男性がはねられ、死亡しました。その10分ほど前には、事故現場から約200メートル離れた交差点で、普通乗用車同士の衝突事故があり、一方の車に乗っていた女性が軽いけがをしました。もう一方の車を運転する男は車を置いてその場を立ち去り、警察はひき逃げの疑いで捜査していますが、その後の調べで、車の所有者は列車にはねられて死亡した男性であることがわかりました。警察は、男性は自殺した可能性が高いとみていて、車を運転していたかどうかなど、調べを進めています。