【福岡】自宅に放火容疑で宮若市の男を送検

03/24 15:49 更新

自宅へ放火した疑いで逮捕された宮若市の男が送検されました。この火事では母親とみられる女性の遺体が見つかっています。警察によりますと、宮若市長井鶴の無職・安永敏幸容疑者(65)は22日午後10時すぎ木造平屋建ての自宅に火をつけおよそ60平方メートルを全焼させた疑いがもたれています。見つかった1人の遺体の死因は焼死で、警察は同居する母親の笑子さん(88)とみて調べています。捜査関係者などへの取材によりますと安永容疑者は「自分の車の発炎筒で火をつけた」と話している一方で、「放火という認識はない。天井裏で音がして煙たくしてやろうと思った」と容疑を一部否認しています。