【福岡】動物園で敬老の日イベント

09/17 17:08 更新

敬老の日の17日、福岡市動物園で長寿の動物を祝う特別ガイドが開催されました。福岡市動物園では、日曜と祝日に飼育員によるガイドが行われていますが、敬老の日にあわせて園内の高齢動物にスポットをあてた特別ガイドが企画されました。ツキノワグマのメス「ハナコ」は推定22歳。ツキノワグマの寿命は30歳くらいということです。17日は特別にヨーグルトを固めたケーキなどが用意され、おいしそうに食べていました。またアラビアオリックスのオスジョリーは14歳。寿命は20歳くらいとされジョリーも足腰が弱っていますが、特別に用意された好物のコナラの葉にゆっくり近づき口に運んでいました。このほか福岡市動物園では、マレーバクのオス「ジュリ」が国内最高齢30歳で健在です。