【福岡】“賽銭泥棒”少年2人を送検

05/23 19:03 更新

午前2時すぎ。まさに丑三つ時の神社に現れた2人組の男。賽銭箱を抱えるとそのまま持ち去ります。その間、わずか30秒。防犯カメラの映像に映っていたのは19歳と17歳の少年でした。2人は去年12月から今年2月にかけて小郡市や大刀洗町の3つの神社に4回忍び込み、賽銭箱から現金合わせて約5万円を盗んだなどとして23日送検されました。少年2人は、警察に「主に飲食に使った」と話していて、他にも9件の犯行を認めています。付近の神社では去年5月以降同じような被害が20件以上相次いでいました。