【佐賀】自民党総裁選 安倍・石破両氏が街頭演説

09/15 22:30 更新

自民党総裁選に立候補している現職の安倍晋三総理と石破茂元幹事長が15日佐賀市で街頭演説を行いました。午後5時前から街頭演説が行われたJR佐賀駅南口付近は2人の話を聞こうと集まった人々で歩道が埋めつくされました。先にマイクを握った安倍総理は佐賀県内でも有効求人倍率や税収が上がったことなどこの6年間の実績を強調しました。一方、石破元幹事長は国が作ったものを佐賀がやるのではなく、佐賀がやることを国が応援すべきだという地方創生のあり方を示しました。総裁選の期間中、2人の候補がそろって演説を行うのは東京・京都など5つの都府県だけです。自民党佐賀県連に所属する5人の国会議員は安倍支持が3人、石破支持が2人で、安倍支持を決定した自民党福岡県連と異なり、佐賀県連は支持する候補を決めていません。総裁選は20日に開票されます。