船は無人 福岡市の漁師の男性(83)が行方不明

04/18 12:41 更新

17日夜、福岡市西区の西浦漁港沖で、無人の漁船が見つかりました。83歳の漁師の男性が行方不明になっていて、18日も朝から捜索が続いています。福岡海上保安部などによりますと、17日午後7時前、福岡市漁業協同組合西浦支所から「組合員が帰ってこないので漁場に行くと、船が無人の状態だった。」と、救助の要請がありました。行方が判らなくなっているのは、福岡市西区の柴田代嗣昭さん(83)で、乗っていた船は西浦漁港から北に約2800メートル沖で見つかったということです。17日夜、漁協の船をはじめ、福岡海上保安部や消防と警察が、船やヘリなどで捜索を行いましたが、手がかりは見つからず、18日は朝5時から捜索を再開しています。