クジラ?北九州市の港で泳ぐ姿発見

06/12 19:15 更新

北九州市小倉北区の港でクジラのような生き物が泳いでいるのが見つかりました。北九州市によりますと、12日午前7時ごろ、北九州市小倉北区の西港で、漁船の乗組員から「体長4メートルほどの黒っぽいクジラのような生き物が泳いでいる」と市に連絡がありました。クジラのような生き物は、海から板櫃川の河口付近を泳いでいます。見学に来た人は、「びっくりしましたね」「黒い背中が見えた」と話していました。この港はJR小倉駅から直線距離で2キロほどの場所です。北九州市は山口県下関市の水族館「海響館」に相談したところ、「危険なので近寄らない方がいい」と助言を受けたということです。市が、動向を見守っています。