【福岡】博多祇園山笠 勇壮に「追い山」走る

07/15 12:47 更新

博多祇園山笠のフィナーレ、「追い山」が15日朝行われ、勇壮に山笠を舁く男たちの掛け声が博多の町にこだましました。午前4時59分、今年の一番山笠西流の舁き山が太鼓の音を合図に威勢よく「櫛田入り」しました。一番山笠だけに許される「博多祝い唄」を歌い上げたあと、「オイサ、オイサ」の掛け声とともに、まだ薄暗い博多の街に飛び出していきました。7つの舁き山が櫛田入りし、最後に走る飾り山・上川端通が登場すると、客席からひときわ大きな歓声が上がりました。3連休の中日の開催となった今年の「追い山」は例年を上回る多くの見物客が訪れ沿道から「勢い水」をかけたり、声援を送っていました。