【福岡】八女市の酒蔵「喜多屋」の新酒まつり

11/12 18:39 更新

八女市の酒蔵で新酒まつりが行われ、多くの人でにぎわいました。八女市の蔵元・喜多屋では11日、新酒ができあがった証である杉玉の掛け替えが行われました。新酒まつりでは入場料を払うと、純米吟醸や純米酒の「しぼりたて生酒」など5種類が飲み放題で、待ちわびた日本酒ファンが顔を赤らめていました。喜多屋の木下宏太郎社長は「今年の出来は最高。秋から作って、真冬に作るのと全く遜色ないレベルのお酒ができた」と話していました。喜多屋の新酒は、これから全国の酒店やデパートなどで販売されるということです。