【福岡】新名物に ちっご煮込みうどん試食会

10/18 19:15 更新

焼き鳥、ラーメンに続く久留米・筑後の新たな名物に。来月から始まる「スタンプラリー」で提供される煮込みうどんが18日、久留米市でお披露目されました。たくさんの人に筑後うどんを食べ歩いてもらいたいと企画された「ちっご煮込みうどんスタンプラリー」(筑後うどん振興会主催)。筑後地区12店舗で、煮込みうどんを食べた人のカードにスタンプが押されます。18日の試食会でお披露目されたのは、城島産の酒粕など筑後の特産品を使用した参加店舗の新メニュー12種類。スタンプラリー期間中の来月1日から来年2月28日まで提供されます。全店制覇・12スタンプ集めた人は、もれなく6000円相当の食事券(1店舗500円×12店舗分)が。6つ以上集めた人にも、抽選で3600円相当の食事券(1店舗300円×12店舗分)がもらえるということです。