【福岡】北九州市で平和祈念式典

08/09 17:13 更新

長崎に原爆が投下されて9日で73年です。原爆投下の第一目標地とされていた北九州市でも平和祈念式典が開かれました。式典には市内に住む被爆者や小中学生など230人が参列し原爆が投下された午前11時2分、犠牲者に黙とうを捧げました。当時、原爆投下の最初の目標地は兵器工場があった小倉でしたが視界が悪かったため長崎に変更になったといわれています。式典では小・中・高校生が「核兵器の廃絶と平和な世界の実現のために歩み続ける」として「非核平和都市宣言」を行いました。