【福岡】文化財の博多町家で現代美術展

02/17 18:42 更新

大正時代に建てられ、登録有形文化財になっている福岡市博多区の町家で、現代美術の展覧会が開かれています。福岡市博多区の竪町筋にある「高橋家住宅」は、大正時代に建てられ木造二階建の博多の近代町家で登録有形文化財です。15日から始まった「新写実展」は福岡市東区の飛島達也さんの初の個展で、ヨーロッパの巨匠の作品を現代的な解釈でオマージュしました。16世紀イタリアを代表する画家、カラヴァッジォの「いかさま師」に敬意を表した大作をはじめ、およそ20点が展示されています。28日(木)まで開かれます。