バス2両分! 「連節バス」が北九州市にも

04/17 19:06 更新

バス2両分をつないだ「連節バス」が福岡市に次ぎ北九州市にも導入です。西鉄が運行する連節バスは、全長約18メートルで定員は、一般のバスより5割り増しの約130人です。今年の夏から小倉・黒崎間と小倉・戸畑間をそれぞれ走る予定です。輸送の効率を上げることで乗務員不足の解消を目指します。車体には小倉織や北九州市の花「ひまわり」がデザインされています。