【福岡】梅の生け花を奉納 太宰府天満宮

02/17 18:38 更新

梅が見ごろを迎えている福岡県太宰府市の太宰府天満宮で、華道の上達を願って紅白の梅の生け花を奉納する恒例の「献華祭」が行われました。「献華祭」は、お稚児さんを先頭に池坊流の振袖姿の花を生けて奉納する人たちが本殿への参道を華やかに進む「参進の儀」から始まりました。境内は立春も過ぎ、一足速く咲く飛梅に続いて梅が咲きそろっています。本殿に進んだ一行が荘厳な雰囲気の中、「献華の儀」を執り行い紅梅と白梅が古式に則って池坊流の指導者によってそれぞれ生けられ、奉納されました。受験シーズン真っ只中とあって手を合わせる人たちを梅の花が見守っているようでした。