【福岡】行橋市内の飲食店で食中毒

08/12 15:53 更新

福岡県行橋市の飲食店で10日、食事をした1人が体の不調を訴え医療機関を受診しました。福岡県では、検査の結果などから食中毒と判断し、飲食店を1日間の営業停止としています。福岡県によりますと、8月10日午後6時半ごろ行橋市中央の飲食店で、成人の男女3人が「刺身の盛り合わせ」など食事をしたあと、60代の女性1人が腹痛や嘔吐などの体の不調を訴え、翌日、医療機関を受診しました。60代の女性は入院しておらず体調も回復しているということです。福岡県では、治療状況などから寄生虫のアニサキスによる食中毒と判定し、この店を8月12日の1日間営業停止としています。県はアニサキスの食中毒は、新鮮な魚を選び速やかに内臓などを取り除くことで予防できるとして注意を呼びかけています。