【福岡】筑前町で企画展「米軍写真が伝える特攻」

08/12 12:07 更新

平和の大切さを感じてもらおうと、終戦間際まで続いた特攻隊について当時のアメリカ軍が伝える写真展が、筑前町で12日から行われています。大刀洗平和記念館で始まったこの企画展。当時のアメリカ軍が特攻隊との戦闘を克明に記録した写真に、訪れた人はじっと見入っています。爆弾を載せ乗員や機体ごと敵の艦船などに体当たりする特攻は、1944年10月から終戦直前まで続き、多くの特攻隊員が命を落としました。会場には写真のほか、特攻隊員が両親に残した遺書なども並べられ、戦争の悲惨さを伝えています。この企画展は来年1月末まで開かれています。