【福岡】2万円の借金めぐり ベトナム人が殺人未遂

10/15 23:33 更新

借金の返済をめぐって、日本語学校の同級生を殺害しようとしたとして、ベトナム人の27歳の男が殺人未遂の疑いで緊急逮捕されました。警察によりますと、ベトナム人のグェン・ゴック・カイン容疑者(27)は15日午前3時半ごろ、福岡市博多区のマンションの1室で、知人のベトナム人男性(21)の背中を包丁で1回刺し、殺害しようとした疑いが持たれています。刺された男性は、深さ約3センチの傷を負いましたが、命に別状はありません。2人は同じ日本語学校に通う同級生で、グェン容疑者が被害者から借りている2万円の返済をめぐり、トラブルになったとみられます。グェン容疑者は事件後、現場から立ち去っていましたが、自宅にいるところを警察官が発見していました。グェン容疑者は「包丁は脅すつもりだった」と殺意について否認しています。