【福岡】流鏑馬で五穀豊穣に感謝

10/09 17:17 更新

福岡市西区の飯盛神社で9日江戸時代から続く伝統の流鏑馬が奉納されました。流鏑馬は約300メートルの間に設けられた3つの的に向けて走る馬の上から矢を射る神事です。福岡市西区の飯盛神社の流鏑馬は江戸時代から奉納が続くといわれています。今年で181回目で市の無形文化財に指定されています。毎年、旧暦のおくんちの日にあたる、10月9日の秋季大祭で奉納され、五穀豊穣に感謝します。昔ながらの衣装を身にまとった射手が的を射抜く度に、会場からは歓声があがっていました。