【福岡】行楽シーズン前に山岳救助訓練

10/02 19:39 更新

まもなく動画を配信いたします...

行楽シーズンを前に、福岡県で、警察と消防が遭難した登山者を救助する合同訓練が行われました。2日午前、嘉麻市と朝倉市にまたがる古処山で警察と消防約20人が遭難事故を想定した山岳救助訓練を行いました。先月、警察に導入されたばかりのドローンを使った捜索訓練の他、布や衣類で作った簡易担架で、要救助者を搬送する訓練などが行われました。福岡県内では去年1年間で39件の山での遭難事故が起きていて、そのうち2人が死亡してます。行楽シーズンを前に警察は「登山をする際には警察署や交番に届出をして欲しい」と呼びかけています。