米軍輸送機が海に墜落 沖ノ鳥島沖で空母着艦時に

11/22 23:26 更新

 アメリカ軍の輸送機が沖ノ鳥島沖の海上に墜落しました。  小野寺防衛大臣:「C2の乗員は10名、もしくは11名。そのうち8名が救助されているが、残る乗員について現在、捜索を行っている」  アメリカ軍によりますと、22日午後3時前、沖ノ鳥島の北西150キロの地点で、原子力空母「ロナルド・レーガン」に着艦しようとした輸送機1機が海上に墜落したということです。日本人は乗っていませんでした。行方不明の3人について、海上自衛隊も参加して捜索を続けています。ロナルド・レーガンは日本海で空母3隻による訓練に参加した後、太平洋で日米共同演習を行っていました。