【報ステ】特例法案に女性宮家の創設明記へ

05/29 23:30 更新

 天皇陛下の退位を認める特例法案に関して、「女性宮家の創設」の検討が明記される見通しとなった。自民党の佐藤議運委員長が議運理事会で、与野党双方に特例法の付帯決議案を示した。民進党が強く求めていた「女性宮家の創設」の検討を盛り込んでいる。ただし、付帯決議は法的な拘束力はない。民進党は、検討の期限が入っていないとして持ち帰ったが、与党は、今週中の法案の審議入りを目指している。