“加計の意向”知ったのいつ?今日の審議のポイント

07/25 16:57 更新

 25日の審議のポイントは、加計学園が獣医学部を新設したいという意向を安倍総理大臣がいつ知ったかという点です。  24日は、今年の1月20日に加計学園が国家戦略特区の事業主体に決定したタイミングで「初めて知った」と答弁しました。しかし、25日の野党の質問で、総理が先月には「国家戦略特区に今治市とともに申請を出された段階で承知した」と答弁していて、矛盾していると追及されると「改めて整理したところ1月20日だった」「混乱して答弁したことは事実、おわびして訂正したい」などと答えました。獣医学部の新設を巡っては、おととしの4月に愛媛県今治市の課長らが総理官邸を訪問したり、「総理のご意向」などと書かれた文書が出回るなど安倍総理の関与があったのかどうかが焦点ですが、総理は25日、1月20日まで国家戦略特区の事業主体が誰か説明を聞いていなかったと答弁しています。