「国会はおそらく延長しない」自民・森山国対委員長

06/15 11:45 更新

 自民党の森山国対委員長は26日までの今の国会の会期を延長する必要はないとの考えを示しました。  自民党・森山国対委員長:「恐らく国会は延長はないのかなと思っておりますが」  児童虐待防止法改正案は来週半ばに成立する見込みで、今国会の重要法案と位置付けた法案はすべて会期内に成立する見通しです。一方、先日に閣議決定された最先端の技術を活用した街づくりを目指す「スーパーシティ構想」を巡る法案は、今国会では審議されない見通しです。また、森山氏は野党側が開会を要求する予算委員会について「予算委員会は、予算を審議する委員会だ」「すべてを予算委員会で議論をするという従来のやり方を少し変えていくことが大事なことではないか」と述べ、改めて開会に否定的な見方を示しました。