あす自民・総裁選 安倍氏、石破氏ラストスパート

09/19 11:49 更新

 自民党の総裁選挙は19日に党員による投票が締め切られ、20日に国会議員による投票が行われて新しい総裁が選出されます。選挙戦が最終日を迎えるなか、安倍総理大臣と石破元幹事長はそれぞれ支持を訴えています。  (政治部・前田洋平記者報告)  午前中はそれぞれが自らの弱点を意識した選挙活動を行っています。安倍総理は6年前の総裁選で石破氏が党員票の7割以上を押さえた茨城県に入り、党員向けの集会で支持を訴えました。安倍総理にとって地方票をどれだけ獲得できるかは今後の求心力に影響するため、票固めに力を入れています。一方の石破氏は朝から国会議員に直接、電話をして改めて支持を訴えています。終盤になって石破氏への支持を表明する議員も出てきています。国会議員票は安倍総理が8割強を固めるなか、安倍支持を公言しながらも実際は石破氏に投票する「隠れ石破」の掘り起こしも狙います。安倍総理、石破氏双方にとって「勝ち方」「負け方」はその後を大きく左右します。