連合が政策勉強会 野党の結束を呼びかけ

02/17 05:54 更新

 民進党の最大の支援団体である連合が政策勉強会を立ち上げ、去年の衆議院選挙で分裂した野党の結束を呼び掛けました。  神津会長:「あの不本意な事態に端を発した閉塞感をここで断ち切りたい。将来の日本のあるべき姿を見据えた運動に邁進(まいしん)をしていきたい」  「連合フォーラム」には立憲民主党の枝野代表や民進党の大塚代表ら野党の国会議員約100人が参加しました。神津会長は記者会見で「ベストは野党が一つの大きな塊になることだ」と述べ、野党の連携を改めて呼び掛けました。また、働き方改革を巡る安倍総理大臣の答弁については、「裁量労働制であれば労働時間が少なくて済むような印象操作のような罪は極めて大きい」と厳しく批判しました。