ふるさと納税返礼品見直さず 91自治体でルール破り

11/16 18:41 更新

 返礼品を見直ししていない自治体がまだ91あることが明らかになりました。  総務省は、ふるさと納税について「過度な返礼品は制度の趣旨をゆがめる」として、寄付額の3割を超えるものや地元産以外のものを返礼品にしないよう求めています。1日の調査で、ルールを守っていない自治体は9月に比べて減少したものの、まだ全国で91あることが分かりました。なかでも大阪府泉佐野市など7つの市町村が両方のルールを守っていないと指摘されています。総務省はルールに従わない自治体を制度の対象から外す考えで、年明けの通常国会に改正案を提出する方針です。