関係悪化の韓国と外相会談 “天皇謝罪”発言抗議へ

02/15 18:55 更新

 日本と韓国の関係悪化が続くなか、外相会談が始まりました。  河野外務大臣:「日韓関係、色々難しい状況ではありますが、きょうは率直に意見交換させて頂きたい」  河野外務大臣はドイツのミュンヘンで国際会議に出席するのに先立ち、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談しています。徴用工判決を巡って1965年の日韓請求権協定に基づく協議に応じるよう求める考えです。また、韓国の国会議長が慰安婦問題について天皇陛下の謝罪が望ましいと発言したことに抗議する方針です。悪化した日韓関係の打開の糸口を見つけられるかが焦点です。