【報ステ】『働き方改革法案』厚労委員会で可決

05/25 23:30 更新

 衆議院の厚生労働委員会で25日午後、働き方改革法案が与党などの賛成多数で可決された。野党側は、新たに労働時間の調査をめぐり新たなミスが見つかったため、調査のやり直しを求めたが加藤厚生労働大臣は拒否した。野党は加藤大臣に対する不信任決議案を提出したが、反対多数で否決され、与党などは法案の採決を強行した。法案は29日に衆議院を通過する見通しだ。