「新元号」決定後も考案者の名前は公表せず

03/25 17:05 更新

 新しい元号の考案を複数の専門家に委嘱したことについて、菅官房長官は元号が決定した後も誰が考案したかを公表しない考えを示しました。  菅官房長官:「(Q.新たな元号が決定発表された後も委嘱した有識者は明らかにしないということか?)あの、公表は差し控えます」  新しい元号を巡っては、安倍総理大臣が14日に国文学、漢文学、日本史学、東洋史などの複数の専門家に考案を委嘱しました。ただ、菅官房長官は「誰がどのような元号を考案したのか詮索されるのは適当ではない」と述べ、委嘱した人数や名前も公表しない方針です。菅官房長官によりますと、考案者が名前の公表を希望していないということです。政府は平成に元号が替わった際の考案者も明らかにしていません。